スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユ初体験

本日は河原でデイキャンプ。
と言っても、友人のところにくっついて、いろいろお世話になったり。
浅瀬で遊ぶ子供を尻目に、大人げなくガサガサ(笑)

アユって砂に潜るんですね。
浅瀬に追い込んで、逃げ場を失ったところを砂ごと掬うとげっちゅー、
ビニール袋に水と酸素を入れて持ち帰りましたとさ。


でもね、ものすごいジャンプ力があるんです。
それで、現地でもバケツ水槽から2匹も逃げて。。
我が家でも、持ち帰った時点では元気でしたが、水あわせ最中に目を離した隙に外へ。。
気付いた時すでに遅く、すぐに☆になりました。。
アユは小さな設備で飼うのはほぼ不可能ですね。
学習しました(つд⊂)
スポンサーサイト

侵入者あらわる

立ち上げてから2週間、変な生きものを見つけたんですよ。

さらにもう一種。


これは。。どうやら貝のようです。
前者はサカマキガイ、後者はインドヒラマキガイ(ラムズホーン)ぽいです。
いずれも水草か何かに付いてきたっぽいです。

どちらも水槽でガンガン繁殖するとのことで、いやーな予感がしてたんですが。。



的中!

そして彼ら2匹もしっかり的中させたらしく(笑)、、

卵ですよ。
広い水槽の中で出会っちゃったらしいですよ。
まぁ、現在水槽の濾過細菌定着待ちで、分解促進に一役買ってくれるのでいいんですけどね。。
落ち着いてからどうしてくれようか。。。

芝生(シバフ)ならぬ苔生(コケフ)

いや、そんな言い方あるかどうか分かりませんが(笑)

もう、フッサフサですよ。
薄毛の方にプレゼントしたくなるぐらい(-。-;


で、入れていたアナカリスが水換えの際によく千切れてて、気づきました。
苔が生えすぎて光や栄養が行ってないんじゃないか。。((((;゚Д゚)))))))

なので、苔の巣窟になっているほぼくさってきてたアナカリスを処分(つд⊂)


そしてこうなりました。

先日追加した水作というメーカーの投げ入れ式フィルターが追加され、すでに苔むしてます(つд⊂)

ちょっと水が臭い始めて、さらにエビが大量死(金魚の餌)、対策を講じなければということでこうなりました。
さぁ、どうなるかな。。

セパレート水槽の面々

セパレート水槽は前に書いたように金魚と熱帯魚を平和に飼うためのアイデアです。
その面々をご紹介します。


出目金ズです。
黒が2匹、赤と三色が1匹ずつ。
金魚は元々フナから変異したそうで、小赤などの流線型が基本的な体型です。
しかし、さらにその変異を固定化することで出目金等いろんな種類がうまれてます。
うちの出目金ズ、まん丸でいかにも泳ぎが下手そうで、さらに出目だとあまり目が見えてません。
種類の違う金魚を混泳させると、その遊泳能力の違いでトラブルになるとか。
子供のリクエスト、黒出目金を軸に出目金で取り揃えてみました。


熱帯魚側の主役はグッピーを選びました。
繁殖させやすいとのことで、選んでます。
これについては購入後すぐに稚魚祭りがあったんですが。。後述します。


お掃除担当一号、コリドラス・ステルバイです。
食べ残しのお掃除等頼もしいやつです。
次女はおひげさんと呼んでますが、肝心のヒゲが写ってない(笑)


お掃除担当二号、オトシンクルスです。ナマズ系のお魚ですが、細身で見た目美しいです。
ただガラス面の内側から見ると、言ってみればエイを下からみたような感じなんです(´・ω・`)
次女曰く「なめくじみたいな魚」
扱いひどい。。(つд⊂)


さらにお掃除部隊、大好きミナミヌマエビくん。
早く繁殖しないかな。。


お掃除部隊のトリ、シマカノコ貝です。
シマシマがトレードマークの、こけたら自力で起き上がれないお茶目な子です(笑)

しかしそのうち、ニューカマーや侵入者が現れるのであった。。。(^_^;)

生物濾過とパイロットフィッシュ

例えば子猫を部屋飼いするとして、世話の大事な部分にトイレトレーニングがあると思います。
じゃあ、うちの金魚にトイレ教えなきゃ~にはなりません(笑)
水の生き物は当然水に垂れ流しです。
当然、飼って居るうちに汚れてきます。

汚れたら入れ換えたらいいじゃない、この発想が「換水」になります。
ただ、全ての汚れが水に溶けるわけではないので、不溶物や沈殿物などは洗いながら換水する必要があります。

汚れを取り除く方法のもう一つが「濾過」になります。
水を循環させて行います。
濾過というと、理系の方々なら漏斗に濾紙をのせて。。というイメージだと思います。
僕もそうでした。
アクアリウムにおける濾過は、物理濾過と生物濾過があるそうです。
物理濾過は先ほどの漏斗と濾紙の世界ですね。物理的に濾(こ)し取ります。
生物濾過は水を循環させる場所に汚れを分解する細菌叢を作る考え方です。
基本的には生きものの代謝の要は蛋白質ですので、排泄物の中心はアンモニアになります。
そのアンモニア(NH3)を亜硝酸塩(NO)、さらに硝酸塩(NO2)へと分解するのが生物濾過の目標です。
生物濾過をするためにはその細菌叢が必要ですが、勝手に育つわけではないので餌が必要です。その餌=排泄物を供給するのがパイロットフィッシュと呼ばれる最初に水槽に入れられる生きものです。


この準備をしている辺りで、日淡水槽でエビの大量死がありました。
観賞魚屋さんの助言でカワヨシノボリいじめられてるのでは。。。?とのことたったので、パイロットフィッシュとして白羽の矢が立ったカワヨシノボリ。
しかも結局はたぶん濡れ衣(・_・;
しばらくしてから日淡水槽に戻ってもらいましたー。
一般的には濾過がなく状態の変動が大きいことに耐えられる強い魚が選ばれるそうです(^_^;)

お掃除は大事

ベランダの日淡水槽は先輩アクアリストからするとむごい環境かもしれません。

ベランダにあり:温度変化大きい、ヒーターなし
直射日光があたり:苔が生え放題
ぶくぶくあり:エアレーションのみ
濾過装置なし:汚れ溜まりまくり

苔やデトリタス(糞尿処理)目的でエビやカワニナが大量に入ってますが、それはそれで水を汚します。。

でもね、2日に1回半分以上の換水をしてたんです。
それでいけるかと思ってたら、カワニナやエビが複数☆になってるじゃありませんか。
見るとそこに雑多な餌の残りやエビの殻や水草の破片が。。

生体を移すとまた干しエビ災禍になる水槽ですので、ひたすら換水洗浄しました。
容量2周分(笑)
ところがそれで魚もエビも貝も1匹も落ちず元気でした。
ヒドイ飼い主でごめんよ(つд⊂)

そしてそれでもきたない我が日淡水槽。。
でも、カワムツは少し大きくなってきました。
捕獲から1ヶ月、生かすことができました( ´ ▽ ` )ノ

乾燥エビ(餌用クリルではない)


哀れな脱走ミナミヌマエビ、ベランダで干しエビになっておりました(つд⊂)
元々透明~白のエビなのに、赤くなっちゃうんですね。
ちょっと桜海老を彷彿として、少し食べてみたくなったり(笑)
病死ではないので感染症伝染の可能性も低く、おあとはスタッフ金魚が美味しく頂きましたとさ。

セパレート水槽の立ち上げ

はい、まず水槽の話ですが、水槽っていうか、水って重いんです。
我が家に導入した60cm水槽となると、標準企画で幅60cm×奥行き30cm×高さ36cm。
体積64800cc=約65ℓ。水だけで65kgです。
さらに比重の高い砂利や器具が付いて重くなります。
当然それを支えるには専用の台が要って。。。


と言うことで立ち上げは水槽台の組み立てから始まりました。



台の重さだけで22kgですって。

そこに12kg分購入した砂利がはいるとこうなります。

そこに水と水草が入るとこうなります。

照明付けないと暗い!!
諸般の事情で照明は後回しに。。
さらに続きます!

セパレート水槽の誕生

夏に金魚を死なせた件は書きました。
そのリベンジとしてアクアリウムの勉強を始めたワタクシです。
子供のリクエストはその時死んでしまった、「出目金を飼いたい!」だったのです。
しかし、昔から多種多様な生きものに憧れていたワタクシとしては、「熱帯魚を飼いたい!」だったのです。
ところが金魚は悪食で口に入るもの皆食べてしまうとのこと。
複数匹あるいは他種の生きものを水槽で同居させることを混泳と言いますが、金魚はかなり混泳に向かないとのこと。
どうするか。。無い知恵を絞った結果、大きな水槽に間仕切りを設けて飼うという選択でした。
初心者にできるかどうか分かりませんがとにかく組み上げて始めています(続く

週末のガサガサ

当然のことながら、最も強い光と言えばそれはお日さまなのであります。
そして外飼いのこの日淡水槽はお日さまの猛威を受けるわけです。
そしてコケるわけです。
躓いてるわけじゃないです。
苔の大繁殖です。


カワニナ君は5匹ぐらい。

ミナミヌマエビ君は10匹ぐらい。
壁面の苔を取るには力不足ッ!



と言うことでこの週末、ガサガサしてきました。
先端が平らになった捕虫網みたいなタモ網と言うものがあります。
それで近所の川の草地を底からがっさり。
ものの5分でこれだけのエビとカワニナ。
エビはまた別の水槽(後述)に入れるので多めに。
さて、これで苔が減るかな。。?
プロフィール

Q

Author:Q
人は仕事のために生きるのではなく、生きるために仕事をするのである。目の前の仕事からあなたもえすけいぷ。No more 社畜。熱帯魚。日淡。水草。観葉植物。自転車。その他もろもろ。。
リンクフリーです。むしろこちらからお願いします。楽しくやりましょう。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。